38




この春から転勤で妹が東京へ行くことになった。
「名古屋には文化がない」と日頃から嘆いていた妹のことだからさぞ喜んでいるだろうと思いきや、
「いぎだぐない」と言う。東京なら名古屋でかからない映画も見られるし美術展だっていっぱい
やってるじゃん、と励ますつもりで言ったのに、お姉ちゃんはなんにもわかってない、
と妹は吐き捨てた。それぐらい私だって考えました、考えた上でめんどくせって思ったんです、
名古屋でやってる映画だけでもかなり見逃してるし、美術展だってぜんぶは行けてない、
東京行ったらこれが何倍にも膨れ上がるんでしょ?
いちいちチェックして選り分けること考えただけで憂鬱になる、これが二十代前半だったら
ちがったよ? 「東京ウェーイ!」ってハイタッチする勢いで飛んでったでしょうよ、
でも三十半ばになってからの東京はきついって、友だちもいない土地勘もない行動力も
体力も好奇心もないないない尽くしで楽しめるほど東京は甘くない。
唾をまきちらす勢いでしゃべっていた妹はそこで息をつき、
なんだかんだ言って名古屋ってちょうどいいんだよねえ、とつぶやいた。
それって最上の褒め言葉なんじゃないだろうか。たしかに名古屋ってちょうどいい。
町の規模も広すぎず狭すぎず、人も店もイベントもなにもかもが多すぎず少なすぎずで
ちょうどいいのだ。私も妹も名古屋で生まれ育ちなんとなくずるずる居続けてしまっただけで、
確固たるなにかが名古屋にあるわけでは決してない。だけどおそらく、これからも私は
名古屋で暮らしていくだろう。「名古屋ウェーイ!」ってテンションには一生ならないだろうし、
そのぬるさが気に入ってもいる。過剰にあるより適量がいいってなんだかすごくいまっぽい。
「東京なんていぎだぐない。名古屋ラブ」
失ってはじめて気づいた名古屋のすばらしさに、妹はいつまでもしつこくぐずっていた。
コトノハなごやとは
平日の通勤電車から見ているなごやの「モノ・コト」。休日のなごやの「人・風景」。
秘密にしておきたい通学途中のなごやの息抜きスポットなど…。
ことばと文化、メディア ー 互いにつながりあって「次の時代の望むことば・文字、なごや」を考える
【コトノハなごや】として、作品をお待ちします。
選考委員
中村 航Nakamura Kou
作家
1969年、岐阜県大垣市生。大垣市立北中学校、岐阜県立大垣北高等学校、芝浦工業大学工学部工業経営学科卒業。10代の頃はバン ド活動をし歌詞や曲の創作活動が好きだった。卒業後、メーカーに就職し、エンジニアとして働く。27歳の時に友人に勧められて小説を 書きはじめる。執筆活動に専念するため、1999年、29歳の時に退社。2002年、『リレキショ』(河出書房新社刊)で文藝賞受賞。『夏休 み』(河出書房新社刊)が芥川賞候補に。『ぐるぐるまわるすべり台』(文藝春秋刊)で野間文芸新人賞受賞、第130回芥川賞候補。著作 『100回泣くこと』や『デビクロくんの恋と魔法』は映画化される。アニメ『BanG Dream! バンドリ!』原案、今夏公開映画『トリガール!』原作者。
吉川 トリコYoshikawa Toriko
作家
1977年生まれ、名古屋市在住。愛知淑徳短期大学卒業。2004年、「ねむりひめ」で新潮社「女による女のためのR-18文学賞」の 第3回大賞と読者賞を受賞。同年、短編集『しゃぼん』にて同社からデビュー。2007年には、『グッモーエビアン!』を原作とした東海 テレビの単発ドラマ『なごや寿ロックンロール~「グッモーエビアン!」より~』が放送されたほか、『戦場のガールズライフ』がドラマ 化され放送されている。また、2012年には『グッモーエビアン!』の映画化作品が全国にて公開。2013年より中日新聞のウェブサイト で名古屋を舞台とした短編小説「名古屋16話」を連載、のち出版。
武田 俊Takeda Shun
メディアプロデューサー・編集者
1986年、名古屋市生まれ。法政大学文学部日本文学科在籍中に、世界と遊ぶ文芸誌『界遊』を創刊。編集者・ライターとして活動を 始める。2011年、メディアプロダクション・KAI-YOU,LLC.を設立。「すべてのメディアをコミュニケーション+コンテンツの場に 編集・構築する」をモットーに、カルチャーや広告の領域を中心としたプロジェクトを手がける。2014年12月より『TOmagazine』 編集部に所属。現在、ライフスタイルメディア『ROOMIE』と、ポストデジタル時代のカルチャーを届けるメディアレーベル『lute』の 編集長を兼任中。メディアを活用した地方自治体のまちづくり事業にも携わっている。
流れ
作品募集プログラム
案外ふつうの毎日に、当たり前の風景に、魅力はあるのかもしれません。
コトノハなごやでは、名古屋やあなた自身を見つける「ことの端( は)」になっていくような、
次の時代の「言(こと)の葉(は)」作品を募集します。
募集期間
2017年7月18日(火)ー 2017年9月15日(金)

※郵送の場合必着
※公式ウェブサイトは9月15日(金)24時にて募集を終了します。
募集作品
名古屋市では、「なごや」の日常のシーンを切り取った写真で構成するプロモーションブックを発行する予定です。「コトノハなごや」は、この本に掲載される予定の写真の中から5枚選出いたしました。 この中からあなたが持っている「なごや」のイメージに合う写真を1枚選び、その写真から連想するエッセイ・小説・詩・短歌・俳句などを、800字までにまとめてください。
  • 自作未発表で日本語の作品 (応募時点で著作権などのすべての権利が応募者に帰属するもの)
  • 800字以内のテキストと写真1枚で1作品とします。ひとり3作品まで応募できます。
なお、合作・共作での応募はできません。
対象
・名古屋市内及び近郊に在住、在勤、在学の方
応募方法 AまたはBにてご応募ください。※A推奨
A
「コトノハなごや公式ウェブサイトに掲載されている5枚の写真から1枚を選び、公式ウェブサイト内応募フォームでの応募。
※写真の掲載開始は7月18日(火)です。
※ 改行も文字としてカウントいたしますので、ご確認のうえ、ご応募ください。
B
市販の400字詰め原稿用紙での応募
  • 1枚目に、「氏名(ふりがな)、ペンネーム、住所、在勤・在学などの種別、年齢、性別、日中つながる電話番号」を記入。
  • 2枚目に、公式ウェブサイトに掲載されている5枚の写真から1枚を選び記号を記入、その後からタイトル、文章をご記入ください。
  • 下記まで郵送ください。
    郵送先 / 〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目18-1 ナディアパーク8階 (公財)名古屋市文化振興事業団内 「コトノハなごや」作品募集部門係
結果発表について
入選20作品を平成29年11月上旬より公式ウェブサイト上で発表・公表いたします。
2017年12月2日(土)市内施設において、選考委員による審査発表と公開トーク「コトノハなごやサロン」を行い、上位3作品の発表と入選までの17作品の講評をします。なお、入選20作品の作者の方にはご連絡を差し上げますので、「コトノハなごやサロン」にご参加ください。その後、2017年12月3日(日)以降に、コトノハなごや公式ウェブサイトなどで、作品名と氏名を発表し、順次表彰作品を発表します。
写真提供・監修
秦 義之Hata Yoshiyuki
フォトグラファー
愛知県豊田市出身。『Number』などの雑誌の表紙、矢沢永吉、東京スカパラダイスオーケストラ、氣志團などのCDジャッケット、コ カコーラ社、アサヒビール、ミスタードーナツなど大手企業の広告の写真を手がける。2014年家族が長年経営していた覚王山の元 幼稚園を改装し、家族や子供を撮影する写真家『覚王山スタジオROSSO』をオープン。名古屋ビジュアルアーツ講師、ZIP-FMモー チャーカメラ部顧問。
表彰・副賞
名古屋市の発行する情報発信ブックへの掲載
・コトノハなごや 金賞 10万円 + 公式ウェブサイト等の公表媒体への掲載 1名様
・コトノハなごや 銀賞 3万円 + 公式ウェブサイト等の公表媒体への掲載 2名様
・コトノハなごや 入選公式ウェブサイト等の公表媒体への掲載 17名様
体験参加プログラム
何気ない日常の彩りも目線を少し変えれば、変わるもの。
その角度や瞬間の切り取り方を、写真やことばで表現しているプロフェッショナルから、
ヒントをもらえる体験参加プログラムです。
フィールドワーク
日時
2017年7月29日(土)15:00-17:30

※撮影機材(スマホ、デジカメ)、筆記用具を持参ください。
会  場
覚王山地域一帯、揚輝荘
講  師
秦 義之氏
内  容
スマホのカメラ機能やデジカメを使って「何気ない日常の印象的な切り取り方」をレクチャーを受けながら撮影散歩します。
最後に皆さんそれぞれの「今日一番の写真」を見ながら言葉にするヒントを探ります。
参加費
お一人740円(揚輝荘入館料、保険料、資料代を含む)
定  員
20名 ※応募多数の場合キャンセル待ちといたしますので、キャンセルの場合は事前にご連絡ください。
申  込
こちらから
申込開始
7月18日(火)から
ワークショップ
日時
2017年9月2日(土)13:00-15:30

※入力機材(スマホ、タブレット等)、筆記用具を持参ください。
会  場
文化のみち二葉館 集会室
講  師
吉川トリコ氏
内  容
「名古屋について思うこと」を意識して実際に小説・エッセイを書き出してみます。そのまま作品募集プログラムに応募できるように、講師にレクチャーしてもらいます(講師から事前にアンケートがあります)。
参加費
お一人660円(二葉館入館料、保険料、資料代を含む)
定  員
20名 ※応募多数の場合キャンセル待ちといたしますので、キャンセルの場合は事前にご連絡ください。
申  込
こちらから
申込開始
8月11日(金・祝)から
コトノハなごやサロン
日時
2017年12月2日(土)

※詳細は後日公式ウェブサイトにて掲載。
会  場
市内会場施設
内  容
審査発表と選考委員による公開講評トーク
スピーカー
中村 航氏、吉川トリコ氏、武田 俊氏
参加費
無料
その他
入選20作品の作者の方にはご連絡を差し上げますので、ぜひ参加ください。
一般の方の聴講も歓迎いたします。